ポリフェノール効能ガイド

抗酸化作用を持つ栄養素

ビタミンA

ビタミンAとはレチノール(ビタミンAアルコール)、レチナール(ビタミンAアルデヒド)、レチノイン酸(ビタミンA酸)、3-デヒドロ体、これら誘導体の総称名、水に溶けにくい脂溶性ビタミンである。

直接ビタミンAを摂取することもできるが、体内においてのβ-カロテンが小腸の吸収上皮細胞または肝臓や腎臓で分解されることによってビタミンAが生成される。ヒト血液中のビタミンAのほとんどがレチノールのためレチノールだけを指し、ビタミンAと呼ぶこともあり、化学的にはレチノイドとも呼ばれる。

レチノイドとは日本語にすると「網膜に似た」という形容詞で「網膜」は英悟で「retina」という。つまり、網膜に非常に関係が深い栄養素で欠乏することによって、夜盲症の原因になる。ほかにも、DNAの遺伝子情報の制御にも役立っている。欠乏による原因に夜盲症があるように目に関して重要な栄養素である。そのため、効率的に摂取したい場合はポリフェノールであるアントシアニンが含まれたブルーベリーがあげられる。

妊娠中におけるビタミンAの過剰摂取は注意が必要で1日10000 IU以上を連日摂り続けると奇形児の発生確率が高くなる。そのため、鶏のレバーは100グラム中47000 IU、豚は100グラム中43000 IU、うなぎの蒲焼100グラム中5000 IUと含有量が多いのは注意が必要になる。

しかし、ビタミンAは動物性食品に多いが、体内でビタミンAに変わるβ-カロテンは緑黄色野菜や海草に多く含まれている。しかし、β-カロテンはビタミンAが十分ならビタミンAに生成されることはないので、過剰摂取は気にすることはありません。一方で、β-カロテンの過剰摂取に注意した方がいい方もいます。喫煙者のβ-カロテンの過剰摂取は肺ガンのリスクが増すとされています。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.