ポリフェノール効能ガイド

抗酸化作用を持つ栄養素

ビタミンE

ビタミンEは1922年にアメリカ合衆国、ハーバート・エバンス(Herbert M. Evans)とキャサリン・ビショップ(Katharine S. Bishop)によって発見された。水に溶けにくい脂溶性ビタミンの一種である。トコフェロールとも呼ばれたりするがこれは正確には正しくない。一般的にトコフェロールはα(アルファ)、γ(ガンマ)、ジメチル体、モノメチル体、トリメチル体などトコール誘導体の総称名である。

その中のα―トコフェロールがビタミンEであり、数あるトコフェロールの中で最も抗酸化性の強い性質を持つ。食品の中では卵黄・大豆・アーモンドの中に含まれていて、サプリメントとしても販売されコレステロール抑制、免疫強化、毛髪育成などに効果的とされる。

そもそも、抗酸化物質としての役割は日々身体が代謝することによって発生するフリーラジカルから細胞を守ることである。

フリーラジカルはガンの原因と考えられていれ、DNAやタンパク質を攻撃することによって、脂質過酸化反応により脂質を酸化させるが原因である。そのビタミンEがビタミンEラジカルに変化する時にフリーラジカルを消失させる働きを持つ。またビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によりビタミンEに再生することができる。

ビタミンEは脂に溶けやすく、ポリフェノールは水に溶けやすい二つの特徴をあわせることによって、酸化をどの程度防ぐことができるのか実験を試みた結果、ビタミンE、ポリフェノールを単独で用いる場合より、二つを同時に使用した方が酸化を遅らせる、つまり酸化しにくいことが実験でわかった。ビタミンEの過剰に摂取した場合の特に健康に関する害は無いが、脂溶性のため体内に蓄積しやすいことから、過剰な摂りすぎは勧められない。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.