ポリフェノール効能ガイド

抗酸化作用を持つ栄養素

尿酸

尿酸といえば、痛風の根源と連想されがちですが、ビタミンCよりもはるかに強力な抗酸化物質です。人間だれでも持っているもので、一定量体内に存在することは非常に需要です。

血中に最も高濃度で存在する抗酸化物質は尿酸であるため、血清中の抗酸化物質全体の約50パーセントも占めます。体内から出すには尿としてからしか体内から排出できず、血中の尿酸濃度が高くなる病気に高尿酸血症になります。尿酸は水には溶けにくく低体温箇所で結晶になりやすくなります。これが、痛風の原因です。

利尿作用のあるコーヒー・緑茶・紅茶を多く飲むことで排尿が頻繁になることで、尿酸を体内から排出できるが、アルコールはそれを妨げます。アルコール代謝に体内の水分が使われるので、トイレが近くなるといってもビールは一番いけません。しかし、同じアルコールでもワインやウイスキーは例外とされます。

しかも、尿酸は高尿酸血症の原因であるプリン体の代謝産物である。ほぼ全ての食材にプリン体は含まれていますが、肉や魚介類のプリン体は痛風のリスクを高めますが、野菜や穀物に含まれるプリン体は高めないため、菜食主義者は尿酸値が低いとされます。

熟成樽ウイスキーの中には樽の材料には樹齢数百年というオークから溶け込んだことによりポリフェノールが含まれている。そのポリフェノールがプリン体を尿酸に代謝される働きを抑える効果があるといわれているが、あくまで適度の量としてダブルで1-2杯程度としておきましょう。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.