ポリフェノール効能ガイド

フェノール酸

セサミン

ポリフェノールのフェノール酸系に属するリグナンの一種にセサミンがあります。これを多く含む食物はゴマです。語源もそのまま、英語でsesame(セサミ)が由来です。ゴマの1%がゴマリグナンでその半分がセサミンですのでゴマの0.5%程度含まれる微量の抗酸化成分です。摂取目安量はセサミンとして1日10ミリグラム(ゴマ3000粒)とされています。

効能は免疫力強化、抗酸化、コレステロールの抑制、高血圧の予防、脂肪酸代謝の改善によるダイエット効果、抗腫瘍、肝機能の改善、乳がんの予防にも効果があります。ゴマを加工したゴマ油にも含まれています。このゴマ油が酸化しにくいのはセサミンの抗酸化作用のおかげです。

抗酸化作用のある物質は水溶性のものが多く、血液に溶けることによって血中の活性酸素の減少を手伝ってくれるのですが、肝臓まで行き届かないものが多々あります。その一方で、セサミンは脂溶性の抗酸化成分なのでしっかりと肝臓まで届きます。そのため、肝機能を活発にして肝臓の負担を軽減してくれるので、肝臓病や二日酔いにも効果的です。

ゴマ油が比較的酸化しにくいのは、セサミンを含むゴマリグナンのおかげと考えられており、その強力な抗酸化作用により細胞の老化やガン化の促進因子と考えられている過酸化脂質の生成を抑制し、老化のスピードをゆるやかにしたり、ガンを予防したりする効果が認められています。さらに、肝機能を活発にして肝臓の負担を軽くする作用もあり、肝臓病や二日酔いにも有効です。

他に、ビタミンEと相性が良くセサミンはビタミンEの働きを強める効果が期待できます。そのおかげで、更年期障害の数多くが改善されます。血行促進作用による血圧を低下、冷え性や肩コリの改善、ホルモンの分泌異常を調節、骨粗鬆症を予防、細胞を活性化させ肌や髪の毛の健康を守るなどのアンチエイジング効果などがあります。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.