ポリフェノール効能ガイド

フラボノイド

アントシアニン

アントシアニンの語源はギリシャ語で英語ではAnthocyanin と表される。anthos = flower / kyanos = blueつまり、「青い花」の意味である。つまり、アントシアニンは青紫色の色素を意味しています。その結果、アントシアニンを多く含む食物の多くは青紫色が多く存在します。ブルーベリーやぶどう、さつまいもの皮、紫いも、赤紫蘇、すいか、茄子、赤キャベツなどがあります。

働きは活性酸素の発生を抑える抗酸化物質であるため、体内で過剰になった活性酸素を除去し老化や病気を予防することはもちろんで、ビタミンCを同時に摂取することによって、より強い抗酸化作用が期待できるとされています。

他には、肝機能の向上を助けなどがあり、近年では現代社会におけるパソコンの多様から、疲れ目の解消、目の機能を向上に効くことが有名になっています。アントシアニンには即効性があるため、摂取したあと数時間で目の疲れなどに対し効果が出てきます。

疲れ目に効果がある理由は、ロドプシンの再合成を活性化するためです。このロドプシンはとは空間の光に関する情報を脳に伝える物質のことです。光の刺激を受けると分解されたあと、また合成されます。

しかし、目を酷使し続けるとこの再合成がなかなか出来にくくなります。合成サイクルに遅れが生じはじめると、必要な情報を得ようと視神経に脳が負担をかけるために目に疲や視界がかすむ原因となってしまいます。そんなとき、アントシアニンを摂取することにロドプシンの働きを活性化させ疲れ目、視力の回復を促してくれます。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.