ポリフェノール効能ガイド

ポリフェノールを含む食品

古くからの歴史を持つお茶は、緑茶(不発酵茶)、ウーロン茶など(半発酵茶)、紅茶(完全発酵茶)などの種類に分けられます。茶に含まれるポリフェノールは成分には苦みの成分であるタンニンとカテキンが特徴的です。無色のカテキンですが酸素や熱が加わると、重合してタンニンという褐色に変化します。

それによって、お茶特有の苦く渋い物質に変わります。ツバキ科の茶である、カメリア・シネンシスという特有の成分を指します。残念なことにカメリア・シネンシスを使っていないお茶飲料は、茶カテキンをほとんど含みません。

茶ポリフェノールはお茶に含有するポリフェノールの総称です。その中に茶カテキンを含まれます。茶カテキンは8種類ほどの物質の総称で、植物ではお茶しか生成しないといわれるエピガロカテキンガレート(EGCG)はこの中に部類され、非常に機能性が高いポリフェノールです。

茶ポリフェノールに期待できる効果は、コレステロール吸収阻害と脂質酸化抑制作用からダイエット、抗腫瘍作用、虫歯予防の効果、抗アレルギー作用、消臭作用が挙げられます。

近年では、高濃度茶カテキン飲料が売り出されコルステロールが気になる現代社会に住む人たちは気軽にダイエットができるとあり人気商品になりました。このように、手軽に摂取できるが喫煙者にいたっては気を付けて欲しいこともあります。カテキンは胃癌のリスクを抑えてくれるが、それは非喫煙者に限ったことで、喫煙者は効果が打ち消されることだけでなく、逆にリスクが上がったという報告もあります。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.