ポリフェノール効能ガイド

ポリフェノールを含む食品

カカオ&チョコレート

ポリフェノールは赤ワインにも多く含まれていますが、カカオにはそれよりも多くおよそ3倍のポリフェノール、カカオ・ポリフェノール(エピカテキンなどのフラボノイド)が含まれていると言われています。

カカオの原産地、南米ではカカオを薬として使っていたそうですが、カカオを使った主な食べ物はやはり、チョコレートです。チョコレートはミネラル類を豊富に含む栄養バランスのとれた食品で、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛も含まれます。心臓病がマグネシウム不足によって危険を増すことが知られていますが、カルシウムとマグネシウムのバランスがよいので、積極的に摂取したい食べ物です。

世間一般的にチュコレートを食べ過ぎは肥るというイメージです。しかし、最近はチョコレートでダイエットをする方もいます。ラットで実験した結果、チョコレートだからといって、太りすぎるという報告はありません。要は糖分の摂りすぎに気をつけ、摂取する場合はカカオ含有量が70%以上の物を選ぶとよいでしょう。

カカオ・ポリフェノールは動脈の繊維にコレステロールがたまることによって発症する動脈硬化やDNAに突然変異の突然変異によって発症する癌予防も有名です。

他には、抗酸化作用により血液中の悪玉コレステロール値を下げ活性酸素を除去することによってアンチエイジング、アレルギーやリウマチなどだけではなく、自律神経系の調節作用に優れ精神的な心理的ストレス、集中力や注意力や記憶力などの向上にも役立ちます。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.