ポリフェノール効能ガイド

ポリフェノールを含む食品

カカオ&ココア

ココアの原料はカカオで、英語ではどちらもcocoaで同じ単語で表現されます。豆の状態か、パウダーの状態かで我々日本人は分けて使いわけます。豆からパウダー、いわゆる一般的に飲まれるココア飲料にするには、カカオ豆の外皮と胚芽を除去し、胚乳を発酵、乾燥、焙煎、磨砕したものです。

液体のものはココアリカーと呼ばれますが、冷却後、固体化したものがカカオマスになります。それに、牛乳をいれて飲むミルクココアや、お湯と砂糖を入れて飲むホットココアがあります。ちなみに、温かいココアはホット・チョコレートと呼ばれることからもわかるように、チョコレートも同じカカオを原料に作られます。

ココアおよびチョコレートは多くのフラボノイドを含んでおります。特にカテキンを含んでいるため循環器を健康にしてくれます。他に、急激な一酸化窒素循環の上昇、微小循環系の増大と循環器を介した血管拡張が期待できます。

しかし、ココアには少量ですがカフェインが含まれています。多くの動物には健康を害する恐れがあります。体内で効率的に代謝できず、多量に消費した場合心臓と神経系に問題が引き起こされ、最悪の場合死に至たります。これらの成分は人間には良い効果を与えますが、妊娠されている場合は注意した方がいいでしょう。

普通のインスタントのココアなら問題ないですが、純ココアの場合は、結構多く含まれている場合があります。製菓用などに使われる無糖のココアパウダーなどは、純ココアが多く、ご自身でお菓子を手作りされるようであれば気をつけたほうがいいでしょう。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.