ポリフェノール効能ガイド

ポリフェノールの歴史

化粧品

ポリフェノールは口から体内に摂取することで美肌などのアンチエイジング効果に期待できますが、お肌から摂り入れることでも有効であり、今では化粧品などにも活用されています。その結果、毛穴やシミを目立たせなくさせることだけでなく、肌のたるみをなくし、ハリを保つ効果もあります。

よく化粧品で市販しれている中で目にするポリフェノールはイソフラボンです。大豆に含まれていることでお馴染みですが、きめの細かな肌作り、抗酸化効果、アンチエイジングなどへの効果が期待されています。

商品はクレンジング、化粧水、クリームなど多くの化粧品になっています。さらにイソフラボン化粧水にはムダ毛の抑制効果もある一方で、イソフラボンにカプサイシンを加えたものには発毛効果があるといわれています。

しかし、大豆そのものもそうですが、化粧品として使う場合も過剰な摂取は注意が必要です。イソフラボンには女性ホルモンとも呼ばれるエストロゲンに似た性質を持ちます。そのため、過剰摂取によりホルモンバランスを崩す危険性があります。1日30ミリグラムを目安にするとよいでしょう。

他にはリンゴに含まれるリンゴポリフェノールを使った商品もあります。もともと、りんごには保温効果があるので、化粧品に配合することでしっとりした肌になります。さらに、肌の老化を防ぐ、毛穴を目立たなくする、シワの予防、美白効果、アレルギーに強い肌、ニキビを予防など効能は多岐にわたります。年齢を問わず、敏感肌の人などどなたでも気軽にご利用できます。

Copyright (C) ポリフェノール効能ガイド All Rights Reserved.